endless stellar sky*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓top↑

かえりのひこうきは なぜかねることができなかった

帰りました。
楽しかったー!
時々はこうやって息抜きしたい。
わたしは割と息抜きが多い気がするけれども。
昨夜は氷花ちゃんとアニメ見ながらイベントのことを追憶していた!
半端ない!
半端ない!
ネオロマンス凄い!
という結論に達しました。

今日は、午前中に氷花ちゃんとばいばーいして、電車と飛行機を乗り継いで戻りました。
現実は厳しいなあ。
てゆか涼しいなこっち!笑

あとはー。
Vitaを買うことにした。
何故か彼氏からオトメイトツインパックをすすめられたので買うことにした。(なんかいろいろおかしい)
彼氏は何故かそれを気に病んで謝罪メールが来た。君はいったい何がしたいんだ。
スポンサーサイト

edit↓top↑

おまつりさわぎというわけではないけれど、きもちはおさえきれなくて

朝起きたらオリンピック招致が決まっていた。
まあ、東京でやるならあんまり関係ないかなあ。

今朝は早めに起きて、池袋に移動!
そこで氷花ちゃんと合流してカフェでお茶!兼、ブランチ。

その後はじゅんとばいばーいして、コルダ10th Anniversary!
昼の部では、土浦君のメッセージでネオロマンス凄いをうわごとのように繰り返していました。ネオロマンス凄い。
コルダは2だと彼氏彼女設定から入るっていうのは、知ってるけど、ねえ。「お前の彼氏なんだからさ」的な発言は凄く…破壊力が高かったです…
最近の乙女ゲーはわりと付き合ってから結婚するまでを書いているものも多いけれど、ネオロマはあまりそういうものがないっていうとアレかもしれないけれど、わりと上品?奥ゆかしい?感じの表現が多いから、まさか「彼氏」とかいう言葉がコルダから聞くことが出来るとは思ってなかった。凄く動揺した。

夜の部では、ラスト公演ということもあり、クイズ対決に決着がついたり、氷花ちゃんの聞きたかったきーやんの曲がようやく聞くことが出来たり、3F席の傾斜が怖かったりとてんこ盛りでした。
アンコール、ダブルアンコールもちゃんとあってよかった!
そしてコルダ3アニメ化計画進行中と聞いて血圧上がった。
3フルボイスとあなざーすかいの売れ行き次第ってことなんやろうなー…という話を氷花ちゃんとする。
他にも、今回参加していなかった柚木と加地で開場終演アナウンスがあったりしたのですが、毎公演違うということに気づいて驚いた!
わたしはどちらのキャラも凄く好きだったから今回でなくてしょぼんだったけれども、こういう形でみんなが関わっているのは凄くうれしいことだなあと思いましたん。
まあ加地君が話す度に「うざい」「くそいけめんめ」「うざかっこいいなんて」と悪態をつきまくりでしたが相変わらずイケメンでしたどちらも。加地君は黄色くて大きな犬っぽいよね。柚木さんは気位の高すぎる扱い辛い猫だと思うけれども。

ということで今日は氷花ちゃんのおうちにお世話になっているのでした。
友人宅を渡り歩くなんて…幸せなことだなあと…

edit↓top↑

でんしゃにゆられてどこまでもいくことができると

来ました関東!
いや、正しくは昨夜からいたけれども。
今日は大宮の鉄道博物館に行きました!
あー興奮した!凄く楽しい!
永峯さんとわいわい楽しくやっております。
鉄道博物館では、ガイドさんに説明していただきながら、蝦夷地での最初の蒸気機関車の1つ、弁慶を拝見したりですとか、御用列車をガラス越しに見たりですとか、色々しました!
電車には夢が詰まっていると思います(・∀・)

そこで感動したのは、雪国仕様だったり牛除けだったりがついている電車ももちろんですが、初期の山手線列車を見ていた老夫婦が「昔此れ、二人で乗りましたよね」という会話をしていたことです。ときめくー。
いいなあ。そんなふうに老後に博物館に来て思い出の電車を見ることが出来るなんてすばらしく羨ましい。ほあああ。

その後、ジオラマを鑑賞し、新幹線(現役で走っている姿が屋上から見ることが出来る)を眺めて、ルミネに行ってお買い物して平和に帰った。
じゅん宅の猫さんは昨夜は非常に心の距離があり、物理的にも隔たりを感じたのですけれど、一夜明けたら心の距離が1mから10㎝くらいまで縮まっていて感動した。ただ、寝ている間に足の指は食べられたけれども。笑
お風呂入ってTVをぼーっと眺めていたら、オリンピック招致中継をやっていた。
明日の朝には決まってるんだろうなあ。

edit↓top↑

どれもこれも、ひつようなことだから

学会!
朝一トップバッター!
一番最初なので嫌な感じの緊張がありましたが、さくっと終わらせた(ということにする)
先生方には、
「始まる前は死にそうな顔をしていたけど、始まったら何とかなっててよかったよ!覚悟を決めたら不安要素を見せない子なんやな!」
と、褒められているような貶されているような不思議な論評をされました。何とでもなーれ☆

学会後は、記念撮影して、その後は教授陣を撒いて観光!
今日は!
なんと!
ひこにゃんに!
会いました!!!!!
ひこにゃん凄くかわいかった。さすがゆるキャラブームの火付け役。半端ない。
彦根城は、凄く山城でした。
琵琶湖を眺めることが出来るっていうのもいいなあ。
しかし、何か統一感のないコスプレをした団体さんがいてすごく不思議だった。何だったんだろう…。
わたし達は、日本人×2、中国人、エジプト人、インドネシア人という多国籍な集団だったので、彼らに何て説明をすればいいのか悩んだ。
よりにもよって、こんな説明しにくい現象に行き会うとは思わないじゃない…!
エジプト人のにーさんは
「今日はガールズデーなんだね!彼女が彼氏に『お願いドレス着て一緒に彦根城まで来て!』って全力で頼んだに違いない日本人は変態が多いと聞くし」
などと言っていた。何という…

その後、関東に旅立つわたしについての口止めを全員に行い、わたしは関東に旅立ったのでした。うふふ。

edit↓top↑

おさないころはしらなかったこと、きづかなかったことでもいまならわかる

京都に来ました(・∀・)
明日は学会なのですが、その前に遊んでみようかということで。
中国人留学生のおねーちゃんがいるので、どうせ関西圏に行くならば、京都観光をして来い!と言われましたん。
観光√は、清水寺→人力車→八坂神社→銀閣寺→北野天満宮っていう。割と定番かもしれない。
金閣寺方面にも行こうかと思っていたのですが、時間の関係で諦めた。
日本の歴史を知らない人を観光に連れていくと、自分が日本人だなあ、日本史ちゃんとやっててよかったなあと心から思うことが出来ます。
この建物は、いつ、だれが建てて、どういう意味を持つのか、とか。そういうの。
おねーさんは、宮島に行ったことがあるので八坂神社の中にある厳島社に驚いていた。何でここにも?みたいな。
あと、美人になれる神社があるよ!と言われて行ったら宗像三女神を祀っていて、宮島と一緒だよねーと拍子抜けした。
厳島神社にカップルで行くと、女神が嫉妬して別れるというジンクスがありますが、最近それは消えたらしいという噂を聞いて驚いたっていう話はこの間したかもしれない。けれども、呉の神様と結婚したから大丈夫だよ!っていうのはやっぱりおかしいと思う。3人一度に引き取れる甲斐性が神様にあっても姉妹だと限りなく修羅場だし。笑

ともあれ、おねーさんは京都観光に満足したらしい!
ただ、観光地には日本人よりも外国人が多いことに終始爆笑していらっしゃった。「中国人多いねー!おもしろいねー!」って言ってた。貴女も中国人ですよ、ねーさん!w

あとは、わたしはああ日本だなあと普通に感じる風景でも、外国の人からみたらそうではないことが多いのだと感じた。
銀閣寺の苔の庭を見たねえさんが、
「宮崎駿の映画の日本をみてこんなに綺麗なところがどうしてあるんだろうって思ってたけど実在するなんて…日本おかしい…」
といっていてハッとした。
「中国にもこのくらいあるでしょw」
というと、
「あるわけないデショ!ないです!」
と怒られてしまった…。
当然のように受容しているけれども、特殊なんだなあと。
あと日本ほど多湿なところは少ないからモスガーデンは作りにくいのかもしれない。

明日は学会!がむばる!

edit↓top↑

だんだんとおくなっていくすがたをみおくる

帰りました。

今日はまずサンシャイン水族館。
カワウソの子供に癒されました。
アシカは追いかけました。
クラゲを延々写真に撮りました。
ペンギンを見てピングドラムを思い出しました。
しかし、アニメ直後に改装工事などをしたらしく、聖地っぽくはなかったかなあー。
ともあれ、都会のビルの上にああいう水族館があるのって不思議。
どのくらいお金かかってるんだろうとか考えてた。笑

次に、展望台。
もやもやしていて(大気が)、富士山とか成田山とかお台場見えなかった。
東京はいつもあんな感じなのかしら。
丁度、映画銀魂のパネル展示があったのでそれも覗く。
彼氏が「腐女子歓喜!」とか来てる女性をちらちら見ているのが非常識だと思った。腐女子もいれば女オタクもいるだろうよ。君は腐女子と女オタクの区別が出来ない人間だったのか残念だよ。外に出る気があるアクティブな人間を貶めてどうする。自分だってオタクの癖に。などと心の中で毒づいた。心が狭いね!
ともあれ、眺めは結構よかったです。
晴れてて視界良好だったらもっとよかったのになー。

最後に、目黒の寄生虫館。
見たことあるものがいっぱい展示してあった。
レポートの為に訪れている大学生も沢山いて、こういう辺りに需要があるのかー!と驚きました。
わたしはあーこれならったー怖いんだよねーとか思いながら見ていた。目新しくない。
驚いたのは、寄生虫館の外観がマンションみたいだったことと、目黒の坂の多さだったと思う。下町風情ってああいうところのことを言うのかな。

そんなこんなで羽田に移動し、様々なお土産を買い込み呆れられ、無事帰宅いたしました。
たのしかったー!
お土産食べるの楽しみー!
太らないようにしなきゃー!

edit↓top↑

おちるときよりものぼるときのほうがこわい

富士急行きました。
乗り物まとめ。
ええじゃないか→フジヤマ→ガンダム(クエスト失敗悔しい)→高飛車→フジヤマ→ナガシマスカ→鉄骨番長→ハム太郎→観覧車(スケスケ)→マッドマウス…だったと思う多分!
楽しかった!ドドンパは短いからパスした!
そして気づくこと:ジェットコースターは落ちるときよりもその後上昇中に内臓圧迫される方がつらい
でもって、フジヤマは長くて楽しいけれども揺れたときに座席といい感じにすれて降りるときには痒くてたまらなくなっている。笑
高飛車は面白かったです。えぐれ感半端ない。

明日も遊ぶぞー!

edit↓top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。