endless stellar sky*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓top↑

あなたがどこにいてもいいから きっとそこでわらっていてほしい

花組
■主演・・・(花組)愛音羽麗
◆宝塚バウホール:2012年5月3日(木)~5月14日(月)
◆東京特別(日本青年館):2012年5月23日(水)~5月28日(月)

上方絵草紙『近松・恋の道行』
脚本・演出/植田景子
人の持つ業(ごう)の深さ、色恋のためにすべてを犠牲にし、命までをも落とす人間の性(さが)をテーマに据え、近松門左衛門の「曽根崎心中」「生玉心中」などを中心に構成した、正統派日本物作品。江戸時代の大阪を舞台に、遊女との恋に身を持ち崩していく男の哀れを、二人を取り巻く様々な人たちの義理人情、人の醜さをも交えながら、愛ゆえに死への道行に殉じる男女の姿を劇的に描き出します。


けいこせんせいはみわさんが好きだと思う。
また悲劇か!感はありますが、舞姫みたいな和風(しょうわふう?)悲劇も行けるんだと思ったからこれもちょっと期待する。

花組
■主演・・・(花組)蘭寿とむ、蘭乃はな
◆全国ツアー:2012年4月28日(土)~5月27日(日)

ミュージカル・ロマン『長い春の果てに』Based upon the Film “DIS-MOI OUI” by Alexandre Arcady
原作/アレクサンドル・アルカディ 脚本・演出/石田昌也
脳外科医とピアニスト志望の少女の恋を描いたハート・ウォーミングなミュージカル。1995年にフランス映画の鬼才アレクサンドル・アルカディが描いた秀作「世界で一番好きな人」をモチーフにした舞台で、2002年に紫吹淳と映美くららを中心とした月組で上演し、好評を得た作品です。

レビュー・ファンタシーク『カノン』-Our Melody-
作・演出/三木章雄
“カノン”とは、音楽用語でメロディが追いかけ合いながらクライマックスへ向かう手法。レビュー『カノン』は世界の名曲を素材に、それにまつわる悲しみ、希望、愛などの“思い”を各景の主題とし、全体が一つの音楽詩として、生きる喜びを歌い上げます。ダンサー蘭寿の魅力が最大限に発揮されると共に、花組の持つ明るいエネルギーが舞台一杯に溢れます。


ロリry
主演二人の学年差加減がすばらしくりかくらと同じような気がする。
だからこの公演を当てたのかと思う。


宙組
■主演・・・(宙組)大空祐飛、野々すみ花
◆宝塚大劇場:2012年4月13日(金)~5月14日(月)
◆東京宝塚劇場:2012年6月1日(金)~7月1日(日)

ミュージカル『華やかなりし日々』
作・演出/原田 諒
「狂騒の時代」と称された1920年代のニューヨークを舞台に、ヨーロッパから渡ってきた移民の青年の愛と野望の軌跡をドラマティックに描いたミュージカル。貧しい移民街からのし上がり稀代の詐欺師となって巨万の富を築いた男は、ショー・ビジネスの世界を次なる標的とし、劇場を手に入れようと画策するが……。大空祐飛が謎を秘めた詐欺師に扮し、独自のダンディズムと哀愁を十二分に魅せます。また、かつて一世を風靡した“ジーグフェルド・フォーリーズ”の豪華絢爛なレビューシーンも、見どころの一つです。尚、この作品は演出家・原田諒の宝塚大劇場デビュー作となります。

グランド・ショー『クライマックス』-Cry‐Max-
作・演出/三木章雄
“ショーはクライマックスの連続がふさわしい”―そんな思いを込め、華やかにバラエティ豊かに展開するショー。大空祐飛の魅力をあらゆる角度から引き出し、充実期にある男役の魅力をマックスでお届けします。また、この作品は第98期初舞台生のお披露目公演となります。


限りなくフラグですね…
お芝居のタイトルを見て最初に大正時代の没落貴族の話が見られると思ったわたしは内容読んで「なんだNYか…」と思ってしまった。(もうしわけない)
詐欺師のゆひさんはきっと素敵でしょうが、木原敏江の大正浪漫探偵譚の四十七文字系のお話もきっと素敵だと思う ←
そしてショーはclimaxではなくてcry maxなんですね…。
泣かせる系ショーてこと…?(たぶんちがう)

星組
■主演・・・(星組)柚希礼音、夢咲ねね
◆宝塚大劇場:2012年5月18日(金)~6月18日(月)
◆東京宝塚劇場:2012年7月6日(金)~8月5日(日)

ミュージカル・プレイ『メモリアル・アゲイン』(仮題)
作・演出/正塚晴彦
ヨーロッパを舞台に、クラブのトップダンサーの青年と、たまたまダンスのオーディションを受けに来た娘との恋物語を中心に、彼らに関わる様々な人物たちの人生模様を、ドラマティックなミュージカルナンバーと華やかなショーナンバーを織り交ぜ描いた作品。

ショー・グルーヴ『Celebrity』-セレブリティ-
作・演出/稲葉太地
“セレブリティ”。それは有名人、時の人、話題の大富豪と言った意味を持ち、つまりは時代の寵児を象徴する言葉。映画スター、トップモデル、ミュージシャン。様々なセレブリティを追いかけ、輝ける人生を送る彼らの光と、その裏に秘められた影の部分を、激しいビートで展開するショー・グルーヴ。星組のエネルギーが漲る熱いショーが繰り広げられます。


ショーはどんなのか楽しみだ。
芝居はブエノスアイレスの男女逆転番というかラエスペランサ系になるのか…な…?

edit↓top↑

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス
http://totenklage0215.blog24.fc2.com/tb.php/2704-b14be204

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。