endless stellar sky*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓top↑

うつくしさとただしさはおなじだとずっとむかしおもっていた

2012/02/24
2012年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<7月~10月・花組『サン=テグジュペリ』『CONGA!!』>
2月24日(金)、2012年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
花組
■主演・・・(花組)蘭寿とむ、蘭乃はな
◆宝塚大劇場:2012年7月27日(金)~8月27日(月)
◆東京宝塚劇場:2012年9月14日(金)~10月14日(日)

ミュージカル・ファンタジー『サン=テグジュペリ』-「星の王子さま」になった操縦士(パイロット)-
作・演出/谷正純
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが遺(のこ)した「星の王子さま」は、全世界の子供たちに、そして子供の心を忘れない大人たちに、今でも愛され続けています。厳格なフランス貴族の家に生まれながらも、操縦士(パイロット)として、作家として天空を飛び続け、空の彼方に消えて行ったアントワーヌ。彼とその妻コンスエロ、中米マヤ族の血を引く妖艶で情熱的な妻との愛情を軸に、アントワーヌの心の世界「星の王子さま」がファンタジックに絡み合い、純真な心の美しさを描くミュージカル。

ラテン・パッショネイト『CONGA(コンガ)!!』
作・演出/藤井大介
ラテンの世界をテーマに、花組トップスター蘭寿とむの魅力を存分に引き出す、男っぽさと大人の色気を前面に出した、情熱的なショー。真夏に相応しく、熱く刺激的に華やかに展開します。


谷先生のファンタジー…?笑
とりあえずまゆさんはタイトルロールですよね!ということに期待。
まゆさんにファンタジーはあまり求めてないのでどんな芝居になるかはちょっと良く分からないのですが…。
あとラテンショーには期待している…!

2012/02/24
2012年 公演ラインアップ【梅田芸術劇場メインホール・博多座】<7~8月・雪組『フットルース』>
2月24日(金)、2012年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、梅田芸術劇場メインホール・博多座公演の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂、舞羽美海
◆梅田芸術劇場メインホール:2012年7月7日(土)~7月23日(月)
◆博多座:2012年8月1日(水)~8月25日(土)

ミュージカル『フットルース』FOOTLOOSE
潤色・演出/小柳奈穂子
1984年にアメリカで公開され大ヒットとなった映画「フットルース」は、1998年にブロードウェイで上演され、100万人以上の動員を記録。以後、日本でも度々上演されてきました。耳馴染みのある名曲と迫力あるダンスは、今なお新鮮で、2011年にはリメイク版の映画がアメリカで公開されています。大都会シカゴに育った高校生レンが、ロックとダンスが禁止された保守的な田舎町に転校し、住人との間に騒動を巻き起こしながらも、愛や友情を経験して成長し、やがて周囲の人々と心を通わせ、ダンスパーティーを開催するまでを描く青春物語です。


キムちゃんが高校生とかの若い役ばっかりあたるのはともかくとして!
歌って踊って!ていうのは凄くわくわくする。

2012/02/24
2012年 公演ラインアップ【全国ツアー】<9月・星組『琥珀色の雨にぬれて』『Celebrity』>
2月24日(金)、2012年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、全国ツアーの上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
星組
■主演・・・(星組)柚希礼音、夢咲ねね
◆全国ツアー:2012年9月8日(土)~9月30日(日)

ミュージカル・ロマン『琥珀色の雨にぬれて』
作/柴田侑宏  演出/正塚晴彦
1920年代のパリやコートダジュールを舞台に、4人の男女が織り成す恋愛心理劇。1984年に高汐巴、若葉ひろみら花組により初演されて以来、2002年に匠ひびき、大鳥れいを中心とした花組で上演するなど、度々再演されている秀作ドラマ。

ショー・グルーヴ『Celebrity』-セレブリティ-
作・演出/稲葉太地
 “セレブリティ”。それは有名人、時の人、話題の大富豪と言った意味を持ち、つまりは時代の寵児を象徴する言葉。映画スター、トップモデル、ミュージシャン。様々なセレブリティを追いかけ、輝ける人生を送る彼らの光と、その裏に秘められた影の部分を、激しいビートで展開するショー・グルーヴ。星組のエネルギーが漲る熱いショーが繰り広げられます。


4人の男女、ということはちえねね以外の役の比重も重いんだろうなあーと思う。じゃあ誰がやるんだろう?
とよこちゃんだったら無難だけれども、そうじゃないかもしれないこともあるし。
どちらにしても気になるー

2012/02/24
2012年 公演ラインアップ【宝塚バウホール、東京特別】<7~8月・雪組『双曲線上のカルテ』、9月・星組『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』>
2月24日(金)、2012年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
雪組
■主演・・・(雪組)早霧せいな
◆宝塚バウホール:2012年7月19日(木)~7月30日(月)
◆東京特別(日本青年館):2012年8月8日(水)~8月13日(月)
バウ・ミュージカル・プレイ『双曲線上のカルテ』~渡辺淳一作「無影燈」より~
脚本・演出/石田昌也
優秀な外科医、フェルナンド=デ・ロッシは、バチカン・カソリック大学病院での約束されたエリート・コースを捨て、ナポリ近郊の個人病院、マルチーノ・メディカル・ホスピタルで勤務に就いていた。孤独な影を秘めたフェルナンドだったが、看護婦のモニカはいつしかフェルナンドの冷たい眼差しに惹かれ、恋に墜ちる。外科医としての腕前は秀逸でありながらも、夜勤中に酒を飲み、医師法違反の手術をし、さらには女の噂も絶えないフェルナンドに、正義と理想の医療を旨とする若き医師ランベルトは反発を強める。だが…一見傍惹無人に見えるフェルナンドの行動の裏には…ある秘密が隠されていた。テレビでも「白い影」としてドラマ化された渡辺淳一のベスト・セラーのひとつ「無影燈」。真の医療とは、愛とは、そして命とは…という深いテーマを真正面から問う「医療ドラマ」の決定版を、宝塚歌劇が舞台化します。

星組
■主演・・・(星組)紅 ゆずる
◆宝塚バウホール:2012年9月6日(木)~9月17日(月)
◆東京特別(日本青年館):2012年9月25日(火)~9月30日(日)

Musical『ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-』
作・演出/植田景子
大革命前後のフランスを舞台に、王室御用達の香水商として王妃マリー・アントワネットの心を捉えた実在の人物ジャン・ルイ・ファージョン、その波乱の生涯を描いたミュージカル。贅の限りを尽くしたロココ時代のフランス王宮で、王侯貴族たちと親交を結びながらも、進歩的な教育を受けて育ったジャン・ルイは「すべての人間は平等である」という考えを捨てることはなかった。王制廃止へと時代が動く世相に共鳴しながらも、花を愛でる純粋な王妃の姿を知ったジャン・ルイは、彼女へ秘めた想いを抱くようになる。大きな歴史のうねりに翻弄され、自らの信念と許されぬ想いの狭間に立たされたジャン・ルイの前に、狂気と化した革命の足音が近づいてくる…。


石田先生は医療物が好きなんだろうか。医療物は舞台向きなんだろうか。
あと景子先生の作品のヒロインはマリー様なんだろうか。

edit↓top↑

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス
http://totenklage0215.blog24.fc2.com/tb.php/2813-465df9b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。