endless stellar sky*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓top↑

なかなかすなおになれないわたしに きみはわらってそのままでいいという

2012/07/31
宝塚歌劇『ベルサイユのばら』を上演
2013年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<1月~3月・月組、4月~7月・雪組>


宝塚歌劇は、2014年に100周年を迎えます。そのアニバーサリーイヤーをいよいよ目前にした2013年は、100周年への架け橋となるべく、長い歴史の中でエポックとなった作品、これまで多くのお客様にご支持いただき再演希望の高い作品などを織り交ぜた上演演目をラインアップいたします。まずその幕開けを飾るのは、今や宝塚歌劇の代名詞ともいえる『ベルサイユのばら』の登場です。その後も魅力ある作品で、2013年、そして記念すべき2014年の100周年を盛り上げてまいりますので、どうぞご期待ください。

月組
■主演・・・龍 真咲、愛希れいか
◆宝塚大劇場:2013年1月1日(火)~2月4日(月)
◆東京宝塚劇場:2013年2月15日(金)~3月24日(日)
宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
脚本・演出/植田紳爾 演出/鈴木圭


雪組
■主演・・・壮 一帆、愛加あゆ
◆宝塚大劇場:2013年4月19日(金)~5月27日(月)
◆東京宝塚劇場:2013年6月14日(金)~7月21日(日)
宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら』-フェルゼン編-
~池田理代子原作「ベルサイユのばら」より~
脚本・演出/植田紳爾 演出/鈴木圭


1974年に初演され、社会現象を引き起こした舞台『ベルサイユのばら』。革命に揺れ動く18世紀のフランスを舞台に、熱く生き、哀しく散った二組の恋人たち。オスカルとアンドレ、フェルゼンとマリー・アントワネットが繰り広げるラブ・ストーリー。宝塚歌劇100周年へ向けた99周年の幕開けに月組(オスカルとアンドレ編)、そして4月には雪組新トップスター壮一帆を中心とした新生雪組(フェルゼン編)が上演いたします。
なお、両公演では下記のとおり各組トップスターが特別出演いたします(宝塚大劇場公演のみ)。また、月組公演では、龍真咲、明日海りおの役替わり公演も実施いたします。特別出演、役替わり公演の詳細は後日、当ホームページ等でご案内させていただきます。

【特別出演・役替わり公演について】
○特別出演の予定
蘭寿とむ(花組)・・・月組宝塚大劇場公演中の一部公演に出演
龍 真咲(月組)・・・雪組宝塚大劇場公演中の一部公演に出演
壮 一帆(2012年12月25日に雪組へ組替)・・・月組宝塚大劇場公演中の一部公演に出演
柚希礼音(星組)・・・雪組宝塚大劇場公演中の一部公演に出演
凰稀かなめ(宙組)・・・雪組宝塚大劇場公演中の一部公演に出演
 ※東京宝塚劇場公演では、特別出演は実施いたしません。


悪夢のような…ベルばらが始まる…!
鈴木先生が脚本刷新、とかだったら見に行くのになあ。
しかし特出予定を見ていると、まゆさんとえりたんしか月組公演には出ないのですね。
まあ月組はまたまさみり入れ替えが起こるみたいだからいいのかなあ。
それにしてもみりおのアンドレってなかなか想像できない。
まさおはどっちも想像に容易いのになあ。イメージが私の中で固まってしまっているのかなあ。
てゆかみりおくんは主演になる前にロミオもオスカルもアンドレもやってしまって、主演に今後成った時にやる役残ってるのかなって思う。

でもって雪組はアレですね!
えりたんがオスカルをとっかえひっかえ!になるんですかね。
でもその場合のアンドレがチギだって考えると身長的に不安なことになりますね。
チギドレでチエカルってあんまり…みたくない…笑"
逆だったら多いにアリだと思うんだけどなあ。難しいなあ。
配役が出るまでが妄想のしどころですねー。

edit↓top↑

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス
http://totenklage0215.blog24.fc2.com/tb.php/2973-8af31042

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。