endless stellar sky*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit↓top↑

むじょうだったのかもしれないけれど けっしてむだではないじんせいだったと

昨日じゅんじゅんに会ったから、映画に誘ってみた。
という訳で母上とじゅんとわたしでレミゼを見てまいりました。
長さを感じさせない映画だったなあという印象です。

ざざーっと感想。
・髪の毛はともかく歯は売れるのかという疑問
・ジャンバルジャンも警部さんもかっこよい。こういうカッコよさは日本人とはちょっと違う気がする。日本人で格好良い壮年以上の男性は結構枯れてるけど、白人系の方は枯れてないような気がする。髪の毛は薄くなってることが多いけれど。どちらもよいですよね!(結論)
・コゼットかわいいなあ本当にかわいいなあ
・でも成長後の姿が予想とちがった。そこまで目が大きくなくても宜しいのではないかと…かわいかったけれど
・ヘレナボナムカーターさんはなぜ宿屋の女将など胡散臭い役がこうも多く回ってくるのかと疑問である
・そうそう、出演者の方々みんな歌が上手くて耳にも優しいし目にも幸せなつくりでよかったなあって本当に思う
・マリユスもマジイケメンでありました、ご馳走様であります。
・警部さんはもうちょっと清濁併せ持つ人だったら割り切れて幸せだったんだろうなあとか
・ともあれ宿屋の娘!エポニーヌ!可哀想すぎて泣いた。幸せになれよお…!て思ったけれども。彼女はきっと彼女の恋に殉じたのだろうなあと。

本当はもっとたくさんいろいろ考えたのですが。
まとまらない。

edit↓top↑

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス
http://totenklage0215.blog24.fc2.com/tb.php/3123-93b5346f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。